デリヘルで働く店員さんってどんな人?やっぱり怖い人が働いてるの?

デリヘル店の様な風俗店で働く人ってどうしてもどうしても怖い人だったりと裏社会関係との繋がりをイメージしてしまう人も多いかと思いますが、一体どんな人がスタッフとして働いるのか、例をご紹介したいと思います。

風俗未経験者が想像してしまいがちな事あれこれ

想像してみてください。

例えば、街を歩いていると重低音の効いた大音量を流しながら全面スモークガラス張りの黒塗りの車から金髪スーツ姿に光物の貴金属を身にまとった強面の男が降りてきたとしたとします。

その人の職業はなんですか?と聞かれたら、きっと多くの人がこう答えるかと思います。

裏社会の住人、オラオラ系のヤンキー、パチンコ店経営者、闇金、夜の飲食店経営者、風俗店経営者、などなどパッと頭に思い浮かぶだけでもこれだけの例が挙げられるかと思いますが、これらは一昔前の固定観念から想像される所謂ステレオタイプに分類されます。

上記で挙げた様な人が怖い顔して並んでいる風俗店、その業界に一歩足を踏み入れたら辞めたくても辞めさせてもらえず、したくないサービスを無理矢理させられ、帰りたくても帰れず、終いには何処かに売り飛ばされてしまう、なんていう想像をしたとしたらそれは爆笑ものです。

結論から言うとこれらはすべて漫画やヤクザ映画の影響であって全てフィクションなのでこういったブラックなイメージは全て取り除くべきだと断言します。

デリヘル店で働くスタッフのリアルな日常

デリヘル店などで働くスタッフは以下の様な人達が多いのが現実です。

昨今、未婚者もしくはバツイチの子持ち世帯が増加していると言われていますが、デリヘル店で働く人達は結構既婚者だったり、二児のパパ、今時珍しいですが4児のパパなんかも多く働いているんです。

またデリヘル店のスタッフは勤務時間が長いせいか、財布の中にしれっと子供の写真を入れて持ち歩いてる人なんかもよくいます。

したがって、一般企業から転職してきたおじさんなんかも大勢いたりします。

昨今の日本では、終身雇用なんてもう一昔前の話で、学校卒業してから定年までずっと同じ会社で働き続ける人は年々少なくなってきています。

デリヘルの様な風俗業界も一般企業から転職してきた人達が多い業界であり、そんな人達の前職を尋ねると、一流ホテルのホテルマンだったり、商社マンだったり、ファストフードの店長さんだったりと本当に様々です。

こういう一般企業から転職してきた方々は、基本的に礼儀正しかったり、社会の常識を身に付けた人達なので、それがデリヘル嬢やお客さんにとっても安心材料になったりします。

「草食系男子」

風俗店に草食系男子が勤務してるなんて一番意外な回答だったかもしれませんが、女性慣れしていないおとなしい性格、アニメファンのオタク系といったタイプが以外にも多いんです。

また変わり種といったら失礼ですが、見た目は普通のナヨナヨした男性なんですが、中身がオネエのおカマちゃんも働いたりしていてむしろ女好きでオラオラした肉食系のスタッフの方が少ない印象です。

「いじられキャラ」

デリヘル1店舗で働くスタッフの数は大体3人〜5人くらいです。

仕事はシフト制が殆どですから、そのスタッフ全員が一挙に会する事などまずありませんし、職場で待機しているのは殆ど女性です。

大勢に無勢とでも言いますか、女性に囲まれている男性はどうしても彼女達のいじられる的になっているのが現状ですが、ある意味この環境も羨ましいと個人的には思ってしまいます。

こういったデリヘルのような風俗店スタッフの採用には一般企業であるような大卒、スキル、タトゥーNG、ピアスに茶髪は採用不可!なんていう表面的なもので合否を決める事はなく、真面目さと仕事に対する責任感のある人を採用する傾向にありますが、それこそ漫画や映画に出てくるような絵に描いたような強面のキャラクターってごくごく少数なんです。

仮にそう言う見た目の人が働いていたとしても、中身が怖いとか、危ないとは限りませんし、デリヘル店なんかはもはや歴としたサービス業ですから、お客さんに対するサービス精神がないと勤まりませんし、女性を気遣う事のできる心の持ち主でないととてもじゃないけど働けないので、総じて性格の優しい人が多い職場になるわけです。

裏社会関係の人達も働いてたりするの?

ヤ○ザが経営しているデリヘルや風俗店、借金に困って女性が奴隷のように働かされる、なんて、まるで漫画や映画のシチュエーションを想像してしまいがちかもしれませんが、今時のデリヘル店でこう言うシチュエーションに出くわすなんて100%起こり得ないと断言します。

もうだいぶ昔に風営法の改正で、ヤ○ザ関係は風俗を経営できくなっており、誰でも風俗店を開業できる為か、風俗業界がクリーンになり、もはや一般企業かしているんです。

そもそも暴対法で、法律上ヤ○ザというものが存在していないという事になっています。

ヤンキー上がりの元ヤンって多いの?

もしかしたら少なからずスタッフの中に元ヤンくらいはいるかもしれませんが、それは風俗店に限らず文字通りどこの業界にも必ず元ヤンはいます。

ただデリヘル店では、どうしても怖いイメージを持たれやすいので、イメージアップに勤めてるのが現状で、元ヤンという経歴があったとしても構いませんが、現役のヤンキーやオラオラ系のような態度をとるのは当然厳禁で、お店側から厳しく指導されています。

なので、元ヤンという経歴を持っていたとしても中身が怖い、態度が横柄なんていう店員はまずいないと言えます。

昨今の風俗業界でむしろ怖いのは◯◯

でも本来、お店側にとって見た目の怖い強面なスタッフが居た方が実は良かったりもします。

どういう事かと言うと、泥酔した客、モンスタークレーマー、ストーカー的な客、無茶難題を押し付けてくる客。このような悪質なお客さんはどのサービス業でも必ず一定数存在するので、ちょっとしたレストランやホテル、街の小売店なんかでもこういった客に悩まされています。

そんな悪質客を阻止するために、女の子の後ろで強面のスタッフが立っていれば、お店側からすればそれだけでトラブルを回避できる抑止力にもなるわけです。

実際、上記で述べたような悪質客が悪態ついた所に強面の男性スタッフが「如何なさいましたかお客様?」と丁寧に対応するだけで大抵おとなしくなってくれるわけです。

最近では、当たり前のように人を傷つけたり、迷惑をかけて事件になるニュースが後を絶えませんよね。でも風俗店のスタッフが問題行動を起こしてニュースになったなんて話を聞いたことがありますでしょうか?結局そう言う事なんです。

真面目な人しかスタッフとして務まらないというのが結果論です。

まとめ

デリヘルで働くスタッフは怖いそうな人ばかりなイメージだけど、どんな人がいるのかなと思っているそこの貴方!風俗未経験者のお気持ちは良くわかりますが、デリヘル店で働く大多数の人達はごくごく一般的な社会人という事をご理解下さい。仮に強面のスタッフが居たとしても、それはその人の見た目だけであって実は女性に気が遣える優しい人達なので、心配には及ばない筈です。